シンポジウム
「文字情報データベースの保存と継承」

漢字字体規範史データセット保存会設立記念イベントのご案内


日時

2018年7月21日(土) 13:00〜17:45

主催

科研費基盤研究(C) 「字体記述の精密化手法の確立による歴史的漢字字体情報アーカイブズ構築」
国立国語研究所プロジェクト 「表記情報と書誌形態情報を加えた日本語歴史コーパスの精緻化」

プログラム

第1部 研究集会「文字情報データベースの保存と継承」

13:00-13:05
趣旨説明:守岡 知彦
13:05-13:35
報告1:高田 智和(国立国語研究所) 「『石塚漢字字体資料』と『漢字字体規範史データベース』」
13:35-14:05
報告2:守岡 知彦(京都大学) 「漢字字体規範史データセットの構築・共有計画について」
14:05-14:15
休憩
14:15-14:45
報告3:永崎 研宣(人文情報学研究所) 「文字情報データベースにおける IIIF 活用の可能性と課題」
14:45-15:15
報告4:安岡 孝一(京都大学) 「文字列検索可能な画像データベース」
15:15-15:25
休憩
15:25-16:25
基調講演:石塚 晴通(北海道大学名誉教授) 「漢字の書体と字体 —承前—」
16:25-16:35
休憩
16:35-17:15
総合討論

第2部

17:25-17:45
漢字字体規範史データセット保存会設立総会